topimage

    2014-10

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    出会い - 2014.10.31 Fri

    昨夜、昔お世話になった方のお通夜に行ってきました
    長い間、闘病生活をされていたとの事
    Hさんには、私は2度も仕事をお世話していただき
    伊豆からこっちに戻ってきた時も心配してもらって
    「日本橋だけど船のオペレーションできる人を探してるからどうかな?」
    と声をかけてくれました
    でも、私は「マリンに何かあったらすぐに帰れる所で働きたい」と言ってお断りしたのでした
    もうあれから10年・・・
    Hさんと最後に会ったのはそれよりも前だから
    何年会ってなかったのかなぁ
    いつもおやじギャグでみんなを明るくしてくれたHさん
    お通夜に集まった方達は、若かりし頃、一緒に働いた仲間達
    Hさんが、みんなに会わせてくれたような気がしてなりません
    たまにはみんなで会うんだよ、って言ってくれたような気がして・・・
    ありがとう、ありがとう
    もう長い事会ってなかったのに、当時のようにすぐに打ち解けあえる
    そんな素敵な人達です
    きっとHさんも、みんなと一緒に笑っていたよね、昔のように
    その笑顔にもう会えないのは寂しいけれど、悲しいけれど
    Hさんがくれた優しさや温かさをいつまでも忘れないでいますね

    マリンが亡くなり、父が亡くなり
    ひとつの命の終わりに、いろいろなことを考え学ばせてもらい
    そのたびに、命ある限り一生懸命に生きなければいけないのだと
    そう語りかけてもらっているような気がします
    マリンが亡くなった時は
    もう二度と笑えない、もう立ち直れないと思った
    でも、時間薬・・・
    自分で越えていくしかないんですね
    そしてそこを乗り越えてわかった事がたくさんあります
    マリンが身を持って教えてくれたんだよねぇ
    時間はかかったけれど、マリンが最後に伝えたかった事
    わかった気がするよ

    私が前に進めるようになったひとつの出会い
    マクロビとの出会い
    この出会いを形にしていきたいなぁと・・・
    少しずつだけど
    自分の中でまとめられなかった思いがはっきりしてきた気がする
    ・・・と言う事で
    マクロビメニュー研修にいそしんでいる日々です
    これをやっていると、食べるのが9時過ぎてしまうのが難点







    こんなのんびり更新のブログでも
    いつも見てくれている旧友がいるって知って
    うれしかったよ~
    ありがとう

    スポンサーサイト

    何十年ぶりかのコンサート♪ - 2014.10.23 Thu



    夕べ、ラブママと小田さんのコンサートに行ってきました~♪
    コンサート行ったのって、この前はいつだったんだっけ???
    って思いだしてみても思い出せない
    ひょっとして大学の時以来かも~~~!
    ってことは、何十年ぶりなのよ!!!

    行き帰りは楽しいおしゃべりやら身の上話やらでストレス発散し
    コンサートでは盛り上がったり、しんみりしたり、一緒に歌ったりと
    すっかり小田さんに魅せられました
    お客様も年齢層がかなり高めで親しみを覚えたのでした
    オフコース時代が青春だった世代ですよねぇ~
    ひとつひとつの歌詞に感動してしまう
    小田さんの歌声に癒され、元気や勇気をもらいました
    あ~~やっぱり小田さん、いいです

    オフコース時代の曲も何曲か
    代表作のひとつ「言葉にできない」
    この曲には、特に思い入れがあります
    20代の若かりし頃の苦い思い出
    この曲を聞くたび、その時の事を思い出します
    昨日もまたフラッシュバック
    あの頃の自分を思い出して大阪に行きたくなりました
    2番目の歌詞がいいんですよねぇ
    泣けちゃいます

    「言葉にできない」 (YouTube)




    タッチ発動 - 2014.10.19 Sun



    急に朝晩が冷え込んできた数日前
    なんだかタッチのご機嫌が悪く
    いつもならおでこごっちんするとスリスリしてくれるのに
    この日は、おでこごっちんしたら頭をガブッとされたのでした
    ガブッとした後のタッチの目>怒ってます!
    なぜに機嫌が悪いのか・・・その日はわからなかったのですが



    多分 ↑ こういうことだったのだろうと
    「寒いんだからストーブ出してよ!」
    ストーブつけたら、一目散にストーブ前に発動~

    もうそんな季節なんですねぇ~

    母退院 - 2014.10.09 Thu

    昨日、母が退院しました
    親族の多くが同じ市内に住んでいるので
    退院した事を伝えると
    みんな「おめでとう、よかったね」と言ってくれるものの
    私にとっては母が入院してくれていた方が安心、と言うのが本心
    退院後、実家でケアマネ、病院のリハビリスタッフ、ヘルパー責任者、デイサービス担当者、
    そして一番お世話になるであろう実家の隣に住んでいる叔母を交えての介護会議を開きました
    入院前までは一人でもできていた事の多くができなくなった母
    入院中に、区分変更申請を出したものの、調査員が来た日は
    母の調子がすこぶる良くて、主治医からは要介護3は出るでしょうと言われていたものの
    おそらく要介護2が精一杯かなという感じです
    「一人でも自宅で生活したい」と言う母の願いを叶えてあげたい気持ちはあっても
    実際には一人ではできない事が多すぎて、どうしたものだか・・・

    昨日は、夕ご飯を作って食べさせ、食器を片付けた後
    寝巻に着替えるのを手伝い、ベッドに横になったのを確認して帰ってきました
    こんなんで、一人で生活できるんだろうか・・・
    昨日一日、母もかなり疲れたと思いますが
    自分自身も気がつくとため息ばかり
    母の退院は喜ばしいことかもだけど
    本格的な介護生活のはじまりを覚悟した日でもあります
    とりあえずは、やってみるしかないよね!って思って
    私も頑張るしかありません

    気持ちだけは前向きでいないとね!!

    今という時間の大切さ - 2014.10.04 Sat

    なにげなく過ごしてしまう毎日
    明日が来るって当たり前と思っていても
    本当は奇跡なんじゃないかって思う時がある
    だから、今この時に感謝して過ごさないといけないんだって・・・
    亡きマリンが教えてくれた事

    今日、今、伝えないといけない想い
    毎日伝えられたらいいね
    特別の事がなくても
    なにげない毎日に幸せがいっぱい詰まってるんだってこと
    そう気づかせてくれた事に感謝して

    今いっぱいいっぱい頑張ってる友に・・・

    「最後だとわかっていたなら」 という本の一節

    あなたが眠りにつくのを見るのが
    最後だとわかっていたら
    わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
    神様にその魂を守ってくださるように
    祈っただろう

    あなたがドアを出て行くのを見るのが
    最後だとわかっていたら
    わたしは あなたを抱きしめて キスをして
    そしてまたもう一度呼び寄せて
    抱きしめただろう

    あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
    最後だとわかっていたら
    わたしは その一部始終をビデオにとって
    毎日繰り返し見ただろう

    あなたは言わなくても
    分かってくれていたかもしれないけれど
    最後だとわかっていたら
    一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
    わたしは 伝えただろう

    たしかにいつも明日はやってくる
    でももしそれがわたしの勘違いで
    今日で全てが終わるのだとしたら、
    わたしは 今日
    どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

    そして わたしたちは 忘れないようにしたい

    若い人にも 年老いた人にも
    明日は誰にも約束されていないのだということを
    愛する人を抱きしめられるのは
    今日が最後になるかもしれないことを

    明日が来るのを待っているなら
    今日でもいいはず
    もし明日が来ないとしたら
    あなたは今日を後悔するだろうから

    微笑みや 抱擁や キスをするための 
    ほんのちょっとの時間を
    どうして惜しんだのかと
    忙しさを理由に
    その人の最後の願いとなってしまったことを
    どうして してあげられなかったのかと

    だから 今日
    あなたの大切な人たちを
    しっかりと抱きしめよう
    そして その人を愛していること
    いつでも
    いつまでも 大切な存在だということを
    そっと伝えよう

    「ごめんね」や「許してね」や
    「ありがとう」や「気にしないで」を
    伝える時を持とう そうすれば
    もし明日が来ないとしても
    あなたは今日を後悔しないだろうから


    なにもしてあげることはできないけれど
    いつも、いつも、見守っています
    私が悲しみの中から出られずにいた時
    そっと見守ってくれたように・・・

    母その後 - 2014.10.02 Thu

    昨日で入院ちょうど1ヶ月が過ぎました
    この1週間で先生もびっくりするくらい回復し
    来週の水曜日に退院できることになりました
    昨日、母を連れて実家に戻り、病院のリハビリスタッフとケアマネさんとで
    退院に向けてのカンファレンスを行いました
    母は杖をついて歩けるまでに復活したのはいいのですが
    以前のように一人で生活するには、かなりの支障があることもわかり
    退院を手放しで喜べる状態ではないのだと実感しました

    1週間前までは、すぐに自宅に戻るのは無理と言われ
    病院に併設の老健に入所する予定だった母
    それが、先生からこれなら自宅に戻ってもいいのでは?と言われ
    私も病院のケースワーカーさんも「大丈夫?」ってな感じだったのが
    あれよあれよという間に自宅への退院になったのでした

    昨日、久々に自宅に戻った母のうれしそうな顔
    「ひとりで頑張る」と本人が言っている間は
    できるだけサポートしてあげようと思うのですが
    その半面、現実を直視してみると
    「やっぱり、もう一人で暮らすのは無理なのではないか・・・」という思いもあり
    どうするのが一番いいのかの葛藤がはじまりました
    おかげで夕べはなかなか寝付けず、寝不足
    とにかく!退院して、またひとりで生活を始めて
    母自身が一人では無理と納得しない限りは
    母のやりたいようにするしかないのかな、と
    入院前よりもサポート体制を強化しないといけなくなりました

    案ずるより産むが易し
    そうなる事を願いましょう~



    「僕のこともかまって~」のタッチ兄ちゃん

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    カテゴリ

    未分類 (26)
    タッチとマリン (601)
    マリンの病気 (50)
    おつまみ、お菓子 (55)
    ガーデニング (2)
    家族 (14)
    会社 (8)
    タッチの病気 (5)
    思い出 (17)
    思い出日記 (33)
    みなみの事 (1)

    プロフィール

    T&Mママ

    Author:T&Mママ
    キジトラ猫のタッチ
    '96.5月生(推定)
    GRのマリン 
    '97.5.15~'12.6.27
    15才43日でした

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    ママのオススメ♪

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。