topimage

    2012-07

    スポンサーサイト - --.--.-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    太陽がいっぱい - 2012.07.31 Tue

    会社に向かう車中
    流れた徳永さんの曲
    「太陽がいっぱい」
    聴きながら
    涙が止まらなくなった

    思わず
    バックミラーを確認してしまう
    それが毎日の日課だったから
    今も
    そこにマリンを探してしまう
    そのたびに涙がでちゃうんだよねぇ・・・



    昨日
    会社のデスクの上に
    マリンの写真を飾りました
    会社で撮ったマリンの写真
    まだマリンと同伴出勤するようになる前
    社長が留守の時に
    こっそり連れてきて
    社長の椅子に座らせて撮った写真
    マリン大喜びしてたなぁ~

    120731m1.jpg

    これからも
    いつもマリンと一緒だよ
    スポンサーサイト

    募る想い - 2012.07.28 Sat



    去年の11月
    ジェイと一緒に泳いだワフです
    もうこんな顔のマリンを
    見ることができないんだなぁ・・・

    「もっと泳ぎたいよ!」
    って言ってるマリンの顔

    1ヶ月前の今日
    マリンのお葬式でした
    今頃の時間・・・
    マリンは6月の風と共に
    お空に昇って行きました

    前夜から泊ってくれた
    ポンプーママとお姉ちゃん
    ジェイファミリー
    マリンのお散歩係さんが
    朝、家に集まってくれました
    メルママは直接火葬場へ
    その時間
    心の中でマリンを見送っていただいた方々
    心から感謝しています

    マリン
    出勤の時は
    いつも車の一番後ろのバゲッジスペースに
    乗っていました
    シニアになって
    もうひとりでは車に乗ることができず
    前脚をまず乗せて
    そのあと後ろ脚を抱えて
    乗せてあげていました
    それでもマリンは自力で乗ろうとして
    前脚を乗せてあげる時も
    後ろ脚を乗せてあげる時も
    ママの負担をなくすように
    ちょこっとピョ~ンってしてました
    でも本当は
    ママの近くに乗りたかったんだよね、いつも
    仕事で車を使わないのなら
    いつも近くに乗せてあげたかったけど
    それができなくて
    マリンいつも不服そうな顔してたよね
    こっちに帰ってくるまでは
    後部座席全部がマリンの場所だったからね
    ごめんだったよ

    お葬式に向かう前に
    マリンと一緒に
    最後に行ったお散歩コースを回りたいと
    思っていました

    出勤の時と同じように
    ラゲッジスペースに
    マリンをベッドごと乗せられるように
    準備をしてありました
    自分で運転していくつもりでした

    あの朝
    マリンをそこに乗せようとした時
    お散歩係さんが
    マリン、最後にそこはかわいそうだよ
    って言ってくれました
    運転してあげるから
    最後にマリンを抱っこして
    乗ってあげなよって
    ベッドに横たわったマリンを抱っこして
    マリンが喜んで乗った後部座席にすわり
    短い短いお散歩コースを一周してから
    火葬場に向かいました

    お出かけする前日の夕方
    いつも会社で車をお出かけ仕様にしてました
    マリンがシニアになってから
    マリンが無理をしなくても乗れるようにと
    後部座席を跳ね上げて
    マリンの乗るスペースを確保できる車に買い換えました
    座席がその形になっていると
    マリンはもう大興奮だったよね
    何度となく
    そんなマリンを見てきたお散歩係さん

    最後の日
    ラゲッジスペースにマリンを乗せるのは
    かわいそうって言ってもらえて
    マリンをそんなふうに思ってもらえて
    とてもうれしかったです
    ありがとう
    お散歩係さんにとっても
    マリンとの最後のお散歩だったんだよね
    マリンもきっと喜んでいたと思います
    会社で毎朝のように
    お散歩に出かけていくマリンの後ろ姿を
    眺めていた頃が懐かしい・・・
    それがマリンの日課のように
    お隣の会社の門の前で
    よくしてたよねぇ
    そんな事が
    本当に本当に懐かしいなぁ・・・

    1ヶ月前の今日で
    マリンの姿を見ることができなくなりました
    お骨になっちゃいました
    だから・・・
    もう・・・
    今日で・・・
    1ヶ月前のマリンはどうしてたかなぁ・・・
    そう考えるのはやめようと思う
    やめられるかどうかは
    わからないけど・・・
    これから先も
    いっぱいいっぱいマリンを思い出して
    そしていっぱいいっぱい泣くんだろうけど
    今日から始まる
    2ヶ月前の今日のマリンは・・・
    って思うのはやめにしようと思う

    14才から始めた月誕生日
    う~に~ちゃんちの真似っこでした
    だって14才になって
    1年に1回だけのお誕生日って
    それを待つのは長すぎるよねぇ~
    月誕生日って
    グッドアイディアでしたよね
    そして・・・
    また真似っこしようと思います
    うにまいすさんが
    う~に~ちゃんと歩んできた日々を
    ブログに書き綴ったように
    マリンとの出会いの頃からの事
    ここに残しておきたいと思います
    マリンとの歴史を
    ここに来ればいつでも感じられるように
    そうできればいいなぁと・・・
    いつから始められるかはわからないけど
    マリンと過ごした日々を
    ゆっくりゆっくり思い出したいと
    今・・・
    そう思っています

    思い出の数だけ - 2012.07.27 Fri



    マリンが大好きだったビブリ
    いつもこの道で記念撮影してました
    ここで撮った写真は
    何枚あるかなぁ・・・

    マリンが笑ってる
    私も笑ってる

    お出かけは
    マリンのこんな顔を
    見たいからだったような気がするよ
    マリンは
    何が一番喜ぶかなぁ~って
    どこに行くのが一番うれしいかなぁ~って
    いつもそう思ってお出かけしてたよ
    どこに行こうか、何をしようかって
    考えるのがとても楽しかった

    もうマリンと一緒にお出かけできないって思うと
    本当に寂しいなぁ・・・

    この1ヶ月間
    マリンがいなくなってしまったこと
    ずっと受け入れたくなかった
    心がシャットアウト状態だった
    現実にはあり得ないのに
    マリンは戻ってくるんだって思いたかった
    毎日、毎日
    1ヶ月前のマリンは生きていたのに・・・
    そう思い続けてた

    マリンがくれた1ヶ月間の介護生活
    ママに心の準備をする時間をくれたのにね
    でもね、ママは全然足りなかったみたい

    夕べ、マリンを思い出して
    いっぱいいっぱい泣いたよ
    いっぱい泣けて
    心が少し軽くなった気がした
    また笑えるかな・・・って思えたよ
    マリンがそうさせてくれたんだよねぇ
    きっと、そうなんだよねぇ

    マリンの笑ってる顔
    やっと思い出せるようになってきました

    何度も何度もブログを読み返し・・・
    そして
    ここに書くことによって
    気持ちが救われていくような気がします
    書くことによって
    心配をさせちゃったり
    気遣いをさせてしまったこと
    本当に申し訳ありません

    少しずつ少しずつ・・・
    楽しかったマリンとの思い出を胸に
    前に進んで行けると思います

    27日、マリンの月命日
    そしてマリンより1ヶ月前にお星様になった
    Pちゃんの月命日でもあります
    今日、Pちゃんのお墓参りに行ってきました
    最後に何もしてあげられなくてごめんね
    これからは、マリンを思い出すたび
    Pちゃんの事も思い出せるからね!
    1ヶ月前の今夜
    ポンプーママとお姉ちゃん
    そしてジェイママ
    一緒にいてくれてありがとう

    一ヶ月・・・ - 2012.07.27 Fri

    6月26日
    1ヶ月前の今日
    マリンが生きた最後の日
    今日1日
    1ヶ月前のマリンは
    今頃の時間どうしてたかな・・・
    ずっとマリンを思い出しながら過ごしました



    会社を1時間早くあがり
    (早くマリンのところに帰ってあげなさいって
     早上がりさせてくれました
    ヤオコーに寄ってマリンへのお供えを買いました
    マリン、大好きだったのに
    最後は全然食べられなかった物
    きゅうりとバナナ
    デザートはヤオコー特製プリン
    きゅうりとバナナは
    ランチの時もよく食べたよねぇ
    昨日友人が贈ってくれたお花と
    今日営業さんからもらったピンクのハイビスカス
    そしてママからはマリン色のガーベラ
    右手前にあるのは「ナン」
    今日のランチ、カレーを食べに行きました
    このお店のナンが大きくて食べきれず
    いつもマリンへのお土産になっていました
    今日、久々にそのお店に行き
    いつも以上にナンが残ってしまいました
    「マリンに持ってってあげよう」
    って思ってる自分がいました
    そして、また寂しくなりました
    持って帰っても食べてくれるマリンはいないんだった・・・

    120726m2.jpg

    夜になって
    マリンが大好きで
    マリンよりも早く逝ってしまったママさんのお嬢さんが
    マリンにってお花を持ってきてくれました
    またマリンのまわりにお花が増えました
    マリンを思い出してくれてありがとう

    120726dvd.jpg

    そして・・・
    今日、この日に合わせて送ってくれたのかな
    届いた2枚のDVD
    笑ってるマリンがいました
    そして笑ってる私がいました
    マリンがいなくなって
    本当にマリンがいたんだろうか・・・
    って思っちゃうことがある
    DVDを観ながら
    こんなにもたくさん
    マリンの画像を残してくれてたんだって思いました
    マリン、いっぱいいっぱい笑っていました
    マリン、楽しかったんだよね!って思えたよ
    送ってくれて、ありがとう

    今夜は
    1ヶ月前の今日をやり直そうと決めました
    マリン、ごめんよ
    ママ、寝ちゃってさぁ
    きっとマリンにとっては
    最大のやさしさだったんだろうけど
    一緒に起きててあげられなかったこと
    ママは苦しくて仕方がありません
    だから・・・
    マリンはもういないけど
    今夜、あの夜をやり直させてね
    そしたら、きっと
    マリンに心からありがとうって言えるような気がする

    1ヶ月前の今日は
    昼間マリンの横でずっと泣いていたかな
    何度も何度もマリンに顔を寄せて
    「もうそんなに頑張らなくてもいいよ」
    って言ってたよねぇ
    本当は
    「ママを置いてかないで!」
    って叫びたかった
    マリンはきっとわかっていたんだよねぇ

    今、23時を過ぎました
    あの日の今頃
    横になったまま頭が朦朧としていました
    マリンはこの時間
    どうしてたかなぁ
    ママと一緒に寝ていたかな
    それともママを見ながら
    なんで寝てんだよぉ~って思っていたかな
    不安じゃなかったかな
    寂しくなかったかな
    苦しくなかったかな
    今、いっぱいいっぱいマリンの事考えてるよ
    時間は戻せないけど
    あの日のマリンの事、思い出してるからね

    120726t1.jpg

    タッチ兄ちゃんも
    マリンが寝ていた場所にいるよ

    もうすぐ日付が変わります
    今またDVDの中のマリンに会っています
    マリン、いっぱいいっぱい笑ってる
    変な顔のマリンもいる
    メルちゃんもいる!
    人間も若い
    紅葉のビブリ
    スイカ争奪戦もビブリだった
    雪遊びした箱根
    館山のペンション
    ママと一緒にベッドで寝てる
    マリンはこの時
    ベッドから落っこちたんだよねぇ
    本当にたくさんの思い出
    画像の中のマリンと私
    とっても幸せそうです
    DVD観ながら
    いっぱいいっぱい涙しました
    わんわん泣きました
    マリン、楽しかったよ
    本当に本当に楽しかった
    本当に本当に幸せでした

    マリンが息をしていないのに気がついたのは
    0時30分でした
    あと15分でその時間になります
    でも・・・
    本当はもうマリンはネンネしちゃってたのかもだね

    あの日
    生きてるマリンに言えなかった
    ありがとう
    今日のマリンに言うよ
    今ママは最期のマリンを感じてるからね
    マリン
    大好きだよ

    静かな夜 - 2012.07.26 Thu

    120614m8.jpg

    マリンの遺骨の前に飾ってある写真
    マリンはいつもこんな顔して
    ママが夕飯を食べて終わるのを待っていたよねぇ
    この写真は
    マリンが具合が悪くなってから撮ったもの
    この日は食欲が戻って良く食べた日でした
    マリンはもっと食べたいのになぁ・・・
    って顔してたね

    1ヶ月前のマリン
    夜になって高熱を出していました
    夜遅かったにも関わらず
    先生が往診してくれました
    マリンはぐったりしていたけど
    体を支えてあげると
    食器から自分でお水を飲んでいました
    本当に最後の最後まで
    マリンは頑張ってたんだよねぇ

    1ヶ月前のことを思いながら
    1ヶ月前のマリンは生きていたんだよねぇ
    どうして、今日はいないのかなぁ・・・って

    今日「またね、富士丸。」という本を読みました
    富士丸は穴澤さんが外出中に亡くなってしまいました
    その朝まで元気だった富士丸
    帰宅して亡くなっていた富士丸をみて
    「夢の中のこと」って思ったと書かれていました
    突然に何の前触れもなく亡くなった富士丸とは違うけど
    私がうとうとしている間に逝ってしまったマリン
    穴澤さんと同じように、これは夢なんだって思いたかった
    今でもずっとそう思いたい気持ちでいっぱい
    どっちが現実で、どっちが夢なんだろう・・・って
    そう思ってる自分がいる

    富士丸と一緒に暮らすために家を買おうと思った彼
    おんなじだぁって思った
    マリン(タッチもだけど)がいなかったら
    家を買おうなんて思わなかっただろうと思う
    いつまで働けるのかもわからないのに
    ちゃんとローンを返していけるのかもわからないのに
    まったく何も躊躇せず
    この家を建ててしまった
    穴澤さんが富士丸に対して思っていたのと同じ
    「マリンのためなら何でもしてやりたいと思ってた。
     マリンにすべてを捧げてもいいと思った。」
    マリンがいなくなって
    家の中が広くて静かになっちゃったよ

    マリンとタッチとこの家に越してきた頃
    いろいろなことがあったよねぇ
    気持ちはどん底だったかもだなぁって思う
    マリンに何度涙をぬぐってもらったかなぁ
    マリンに何度笑わせてもらったかなぁ
    いつもマリンが助けてくれた
    マリンがいたから頑張れたんだよねぇ
    今はどこに向かっていったらいいのか
    わからなくなっちゃった

    しょうがない・・・
    何を思っても
    何をしても
    マリンが戻ってくるわけではない
    頭ではわかってるけど
    「しょうがないよ」
    って言われるたびに
    そんな言葉、聞きたくない!
    って思う

    テレビを観れなくなった
    テレビがついていても頭に入ってこない
    ただただ音がわずらわしいだけ
    食事を作る気になれない
    夜、眠れない
    本を読んでいて穴澤さんと一緒だなぁって
    彼もみんなも言うように
    時間が過ぎるのをじ~っと待つしかない

    マリンは幸せだったかな
    楽しい人生だったかな
    もっと違う人生を送れたかもしれないのにね
    お留守番ばかりで寂しい思いをさせてた頃
    本当にごめんね
    最後の1年半
    一緒に会社に行かれて
    少しは許してもらえたかな?
    毎日毎日マリンの事を考えてる
    ママはどんどん寂しくなるよ

    救われた想い - 2012.07.20 Fri

    昨日、仕事でお会いすることになったセラピストの女性
    子供とその親の心のケアをする方なのですが
    心のケアにワンコがとても良いのだと・・・
    彼女も以前ゴールデンと暮らしていました
    そしてマリンと同じ15才で亡くなりました
    そんな話のきっかけがあり
    仕事の話そっちのけでGRの話になりました
    私がマリンを亡くして
    まだ1ヶ月経たないことを知って
    セラピストの立場から言うと
    今はひとりこもっていい時期なのだと
    そう・・・
    本当は何もしたくない
    何も考えられない
    何を聞いても頭に入らない
    マリンのことだけ考えていたい
    心はずっとそんな状態でした
    それでも会社に来れば
    マリンのことばかり考えているわけにもいかず
    次から次へと仕事をこなしていかなければいけない
    気持ちの準備ができないまま
    会社に来れば仕事をしなければならない状況に
    心が悲鳴をあげていました
    そんな時に
    セラピストの先生と仕事を介して話すことができ・・・
    「今は何かを考えられるような状態じゃないよね
     今日、こんな仕事をさせちゃってごめんね」
    って言ってもらいました
    心が救われました
    セラピストの立場から言うと
    こういうときにはどん底まで落ちた方がいいのだとか
    我慢したり、中途半端に終わってしまうと
    本当に心が救われないのだと
    人間はどん底まで落ちて初めて
    次の場所に向かっていけるのだそうです

    本当は
    一人家にこもって誰とも接することなく
    ただただマリンのことだけを思って過ごしたい
    ずっとそう思ってきました
    でも、現実的には無理なことです
    生活していくためには仕事をしなければだし
    マリンのことを語りあいたい夜中には誰もいない

    先生に「今はこもる時期」って言ってもらえて
    本当に心が救われました
    そして
    それは本当にワンコを愛した人でなければ
    わからない感情なのかもと・・・

    もっとワンコと一緒に仕事ができるような環境が
    できるといいのにねって・・・
    彼女は、これから、亡くなってしまったワンちゃんと
    実現するはずだった夢に向かって進んでいきます
    とってもうらやましいです

    3人一緒でね - 2012.07.17 Tue



    ここ数日の行動がおかしかったタッチ
    ひょっとして・・・と思い
    夕べはマリンを2階の寝室に連れてきました
    マリンがお骨になってしまってからの数日間
    こうしてマリンを2階に連れて来ていたのですが
    あまりあちこち移動するのもどうかと思い
    リビングでマリンの定位置を決めてからは
    2階に連れてくることをやめていました

    夕べ
    寝るよ~ってマリンを2階に運んだら
    タッチもついてきました
    ママとマリンとの間に陣取ったタッチ
    ずっとマリンの方を見ていました
    タッチにはマリンが見えるのかなぁ・・・
    訊いてみたいです
    15年の間、ずっと一緒に寝てきました
    マリンがいた頃は
    タッチはマリンに邪魔されるのがイヤで
    「お前はそっちに寝るんだよ
    ってマリンに猫パンチしていたものでした
    ご飯を食べる時も
    寝る時も
    マリンとタッチが争奪戦してました
    いつもマリンはタッチ兄ちゃんに勝てなくて
    猫パンチされても
    ほっぺたにぶら下がられても
    じ~っと耐えていました
    ほんのちょっと前までそれが日常だったのに
    本当に・・・
    そんな日々が特別な日々だったのだと思う

    夕べのタッチ
    リビングに下りていったり
    また2階の寝室に戻ってきたりと
    行ったり来たりして朝を迎えました

    今朝は元気に朝ご飯も食べました
    タッチは3人一緒に寝たかったのかな
    夕べ、一緒に寝られて安心したのかな

    ふと思いました・・・
    最近、タッチがリビングで
    「寝場所!」
    って決めたところ
    マリンがなくなって
    最後の1日
    マリンが横たわっていた場所です
    マリンが亡くなった夜
    タッチはマリンに寄り添うように寝ました
    タッチがそんな事をするなんて
    本当に驚きでした
    タッチもマリンを感じていたかったのかな
    そして今も
    マリンを感じられる場所にいたいのかな

    なんだか
    毎日が
    とっても不思議な感覚です

    タッチ16才2ヶ月 - 2012.07.16 Mon



    タッチの16才2ヶ月の月誕生日は
    お気に入りのこちらでした
    でも・・・
    タッチ兄ちゃん
    食べてすぐに全部吐いちゃいました
    毛玉吐き用の草を食べたばかりだったので
    多分そのせいだと思うのですが
    その後、まったく食べなくなりました
    前日と同じく
    ニャーニャー鳴きわめき
    ずっと落ち着かない夜でした

    120715t13.jpg

    夜だいぶ遅くなってから
    鳴き疲れたのか
    最近の定位置のリビングテーブルの下で
    寝始めたタッチ

    120715t12.jpg

    どうしちゃったかなぁ・・・
    マリンを探してるのかなぁ・・・
    夕べもタッチはひとりリビングで寝ました
    今までタッチが一緒に寝なかったことなんてなかったのに
    タッチはマリンと一緒に寝たいのかな
    マリンが逝った夜
    マリンにくっつくように寝たタッチです
    私が考える以上に
    タッチもマリンの存在が大きかったのかもしれないなぁ
    いつになったら
    ちゃんとご飯を食べてくれるようになるんだろう

    120715unagi.jpg

    マリンの置き土産の鰻
    マリンの事を思いながら食べたよ
    マリンが
    「ママばっかりずるいよ!」
    って言ってるかなぁ~
    マリンに食べさせてあげたかったよ

    110715omoide.jpg

    14才2ヶ月の月誕生日のマリン
    こんなふうにママのデスクの横で寝ていました
    今、その場所は
    ぽっかり空いちゃってます
    本当に寂しいよ
    マ・リ・ン
    それでも、少しずつ少しずつ
    夜、寝られる時間が長くなってきました

    月誕生日 - 2012.07.15 Sun

    今日は
    マリンが生きていれば
    15才2ヶ月の月誕生日です
    そして
    タッチ16才2ヶ月の月誕生日
    夜、マリンを偲びながら
    月誕生日のお祝いします

    120715t2.jpg

    タッチは昨日から本当に様子が変で
    ニャーニャー鳴き通しです

    120715t1.jpg

    変なところでばかり
    お水を飲みたがります
    ここはバスタブです
    キッチンの流しをなめていたり・・・
    もともと変なところのお水を飲むのが好きですが
    ちゃんと食器からも飲んでいたタッチ
    それが食器から飲まなくなってしまったのです

    120715t3.jpg

    マリンの水飲み食器の水を飲むのが好きだったタッチ
    マリンの水飲みはいつもシンクの横に置いてあったのに
    汲みたてのお水が好きなタッチのために
    タッチが飲みたそうにしている時には
    ちゃんと汲み直してあげてるのに
    タッチは飲まなくなってしまいました
    そして・・・
    夕べはとうとう一緒に添い寝をしてくれず
    マリンがいるリビングで寝ていました
    私が日に日に寂しくなると同じで
    タッチもだんだんマリンがいなくなった事を
    実感してきたのかな・・・
    朝、マリンがいた時のように
    マリンのお水飲み食器を置いてあげると
    タッチ、やっと飲んでくれました
    そうそう!
    いつもタッチはこうやって飲んでいたよねぇ・・・
    ひとつひとつ
    マリンが元気だったころの事を
    思い出し始めてきました
    思い出せば出すほど
    泣きたい症候群になっちゃうんだけどねぇ~

    今日は、月誕生日
    タッチもマリンを思い出しているのかな

    マリンが15才になって最初の月誕生日は
    もう何も食べてくれませんでした
    マリンの月誕生日のために買ったご馳走
    ママが食べちゃうからね
    マリンも遊びにおいでよね

    タッチが変 - 2012.07.14 Sat

    マリンが食べなかったゼリー
    残りがあと2個になりました
    そして、また…
    マリンが食べ残した物を見つけました

    120714biscut.jpg

    ほんの少しだけだったけど
    マリンが食べてくれたのは
    いつだっただろう…
    「マリン、食べちゃうよ~
     どうして食べずにいっちゃったかなぁ」
    写真のマリンとそんな会話をしていたら
    急に涙があふれてきました
    タッチを抱き締めながら
    大声あげて泣きました
    マリンが逝ってしまってから
    泣きたい時に泣けなくて
    ふとした瞬間に涙が出る
    そんな日々でした
    どうして泣けないのかなぁって
    苦しくて辛くて…
    マリン
    今日ママはいっぱい涙が出て
    ちょっと楽になったよ

    120714t1.jpg

    今日、タッチを病院に連れていきました
    数日前から、何となく口元が変だなぁと
    思ってはいたものの
    口のしまり方がおかしいだけだと思っていました
    でも、ちゃんと見てみると
    下顎が腫れていました
    タッチ、炎症を起こしていました
    マリンの事ばかりを考えていて
    タッチの変化を見過ごしていました
    ママ失格です
    炎症を抑える注射と抗生剤で
    様子をみることになりました
    タッチの行動は明らかにおかしいです
    マリンが居なくなってしまったからなのかも
    タッチも寂しいんだよねぇ
    先生は、16才という年齢からすれば
    免疫力が落ちてきても仕方がないと…
    でも、です
    今このタイミングで
    タッチに何かが起こったら
    本当にもう生きていく力がなくなります
    先生と話していて
    涙が止まりませんでした
    これ以上悪化しませんようにと
    祈るしかないのかな
    タッチは今日1日
    ずっと落ち着かない状態で
    夜遅くになって
    やっと静かになりました
    タッチ、久しぶりに体重を測ったら3.85キロ
    小さくなったと思っていたけど
    本当に小さくなっていました
    ちょっとショック

    タッチはマリンを探すように
    ず~っとニャーニャー鳴き続けています
    タッチも思いっきり泣きたいのかな・・・

    一緒にね・・・ - 2012.07.12 Thu

    7月9日
    マリンの大好きなお兄ちゃんの命日でした
    マリンに残された日が少なくなっていると知らされてから
    マリンはこの日まで頑張るのではないかと
    ひそかにそう思っていました
    でも・・・
    マリン、ちょっと疲れちゃったんだね、きっと
    お兄ちゃんの命日までは頑張れなかったけど
    マリンはいっぱいいっぱい頑張ったものね

    120712m3.jpg

    7月10日
    マリンを連れて海に行ってきました
    みんなが元気だった頃に何度か行った浜です
    マリンの具合が少しよくなったら
    みんなと来た思い出の浜に連れてきてあげたいと
    ずっとそう思っていました
    とうとう、その願いも叶えられず・・・
    マリンとの約束、果たしたよ

    120712m2.jpg

    もう何年も前に友人からもらったワンコ
    いつも車に乗っけていました
    今はそこに分骨したマリンがくっついてます
    今年、マリンのために買ったお守りと一緒に

    120712m1.jpg

    マリンのしっぽの毛
    波と一緒に泳いで行きました
    きっと喜んでくれたよね
    マリン
    ひとつ、ひとつ・・・
    マリンとできなかった事やっていくからね

    120712m4.jpg

    マリンの居場所を変えました
    元気だったころ
    マリンがご飯を食べていた場所です
    遺骨の下に敷いてあるタオルは
    マリンが我が家に来てすぐの頃に作ったタオル
    マリンブルーの地にマリン色の刺繍
    ワンコ友達数人と一緒にオーダーして作ったと思うのですが
    せっかく作ったのに
    もったいなくてずっと使えずにしまってありました
    マリンがいなくなってから使うことになるとはねぇ
    何やってるんでしょうねぇ・・・

    120712flame.jpg

    友人が
    マリンのために
    このフレームをプレゼントしてくれました
    ありがとう、ありがとう

    120712t1.jpg

    マリンがいなくなってから
    やっぱりタッチ兄ちゃんも変です

    120712t2.jpg

    いつもはいないような場所に
    寝ていたりします

    120712t3.jpg

    しっこ攻撃は依然として続いていますが
    タッチの寝顔に癒されています
    タッチ兄ちゃん
    ありがとうだよ~

    最後の作業 - 2012.07.06 Fri



    今年の狂犬病注射のお知らせです
    記念に写真におさめました

    7月4日水曜日
    マリンの鑑札を市役所に返してきました
    Pちゃんと一緒に返してきました
    同じ日
    リビングの配置を
    マリンが元気だった頃の配置に戻しました

    120704kansatsu2.jpg

    マリンの鑑札
    こちらに戻ってきて再登録したもの
    もう8年が過ぎていたんですね
    ・・・と言う事は
    この家に越してきてもう6年
    そんな時間が流れていた事に
    ちょっとびっくり
    マリンがいなくなって
    改めていろいろな事に気づいています

    120706t.jpg

    マリン亡き後
    タッチ兄ちゃんが
    こうして、毎晩枕の横で寝てくれています
    タッチがいてくれて
    ホッとする半面
    タッチ兄ちゃん暴走事件は毎日続いているのでした
    昨日はいつもやられちゃうところにしてなかったので
    タッチ兄ちゃんが改心したんだって思っていたら
    別のところでやってくれてました
    せっせとふき掃除をしながら
    タッチ兄ちゃんのママへのエールなんだ!
    と、そう思ってます

    マリン亡き後の夕食
    マリンが残していった物を
    ひとつずつ減らしていっています
    マリンの置き土産だからね
    ママもちゃんと食べないとダメだよって
    言われてる感じがします
    食べ物の味も感じる事ができるようになってきました
    夕べは久々にを飲んで
    気がついたらソファーでひっくり返っていましたよ~

    初七日 - 2012.07.03 Tue



    6月30日
    花の西洋館さんからお花が届きました
    かわいいクマちゃんのピック付き
    先生の感性はいつも素敵です
    お気持ちありがとうございました

    120630lunch.jpg

    そして
    その日のお昼ご飯
    茶そば
    やさしいお気持ちいただきました
    マリンは食べられなかったけど
    マリンの代わりにいただきましたよ~
    ごちそうさまでした

    120703picstand.jpg

    マリンの初七日
    先週の今頃は
    マリンはまだ生きていました
    そう考えると今日の今が信じられない気持ちです
    そして、どうしてあの夜、寝てしまったのか・・・
    後悔の念が、どんどん大きくなっています

    120703shonanoka2.jpg

    マリンを偲んで
    マリンにといただいた物で夕食しました
    今年はマリンにって
    たくさんのサクランボをいただきました
    来年からはサクランボを見るたびに
    マリンとの最後の日々を思い出すんだろうなぁ・・・

    120703shonanoka3.jpg

    マリンがなくなる2日前に買ったお菓子
    犬用の物はもう何も食べなくなっていたマリン
    なんでもいいから食べてほしい
    そう願って買った子供用のお菓子です
    マリンは食べませんでした
    開けてそのままになっていた1袋分を
    今夜食べました

    120703shonanoka.jpg

    初七日の今日も
    マリンはお花に囲まれています
    みなさんの温かいお気持ちを
    しみじみと感じながら過ごした1週間でした

    120703pic_marine.jpg

    初七日に間に合うようにと
    昨日写真立てを買いに行ってきました
    マリン色のピンクにしたからね
    写真の中のマリンは今日も笑っています
    15才のお誕生日のその日
    大好きなワフに着いて
    さぁ~これから泳ぐよ~の
    ウキウキマリンです

    マリンがいなくなってしまった事
    まだまだ受け止められません
    本当は、昨日から会社にいくつもりでした
    でも・・・
    やっぱり行かれなかった
    今日は、どうしても行かなくてはいけない仕事があって
    営業さんが迎えに来てくれました
    明後日からは、ちゃんと会社に行きます
    多分・・・
    ひとりで行けると思います

    昨日、車を運転しながら
    後ろにマリンを感じていました
    キッチンに立っていると
    しっぽフリフリして見ているマリンを感じます
    雨が落ちてくると
    小雨になったらワンツーに出さなくっちゃ
    バスタオル用意しとかなくっちゃって
    思っている自分がいます
    そういう時が、本当に寂しい
    マリンはそっちで楽しんでるかなぁ・・・
    ママは、日に日に寂しくなってるよ
    たまには、遊びにおいでよね

    120703t1.jpg

    タッチ兄ちゃんも
    やっぱりどこか変です
    夕方、マリンに向かってボーっとしていました
    タッチも寂しいのかな
    ご飯の時も、ガブガブする相手がいなくなっちゃったものね
    昨日、一昨日としなかったから
    もうしなくなるかな・・・と思っていたら
    今日、またやられてしまった
    もう少しで
    ひとりお留守番の日々が始まるタッチ兄ちゃん
    大丈夫かな・・・

    *-*-*-*-*
    マリンの初七日の今日
    自分から自分に送る詩

    虹の橋

    天国のほんのわずか手前に「虹の橋」と呼ばれている場所があります。
    人間と愛し合っていた動物たちは、この世を去ると『虹の橋』へと向かうのです。
    そこには牧草地や丘があって、
    動物たちはみな仲良く一緒に走り回ったりして遊んでいます。
    食べる物も水も、太陽の光もそこには豊富にあって、
    温暖なところで誰もが快適に過ごしているのです。
    病を患っていた動物も、年老いていた動物も、
    皆がエネルギーを取り戻し、
    傷を負ったり、不自由な体をしていた動物も、
    元気いっぱいの元の体を取り戻すのです。
    まるで過ぎ去った日の夢のように。

    こにいる誰もが幸せで、満ち足りた生活をしています。
    でも、たったひとつだけ、気がかりなことがあるのです。
    それは、自分にとって特別なあの人が近くにいない寂しさ。

    動物たちは、みな一緒に走り回って遊んでいます。
    ある時、その中の一匹が急に立ち止まり、遠くの方をじっと見つめます。
    その瞳はキラキラと輝き、身体は喜びで小刻みに震えています。
    すると、突然仲間から離れ、緑色の草の上を走って行きます。
    ものすごいスピードで。
    まるで空を飛んで行くかのように。
    あなたを見つけたのです。
    『虹の橋』での再会を喜び、二人はしっかりと抱き合います。
    そして、離れたりすることは、もう二度とありません。
    幸せに満ちたキスがあなたの顔に降りそそぎ、
    あなたは愛する友を両手で優しくなで、
    信頼にあふれた友の瞳を再びのぞき込みます。
    あなたの人生から長い間失われていたものの、
    心の中では一時たりとも消え失せることのなかった、その瞳を。

    そして『虹の橋』を渡っていくのです。二人一緒に、、、

    マリンは、もう虹の橋のたもとに着いたかな?

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    カテゴリ

    未分類 (26)
    タッチとマリン (601)
    マリンの病気 (50)
    おつまみ、お菓子 (55)
    ガーデニング (2)
    家族 (14)
    会社 (8)
    タッチの病気 (5)
    思い出 (17)
    思い出日記 (33)
    みなみの事 (1)

    プロフィール

    T&Mママ

    Author:T&Mママ
    キジトラ猫のタッチ
    '96.5月生(推定)
    GRのマリン 
    '97.5.15~'12.6.27
    15才43日でした

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    ママのオススメ♪

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。